九州CKD看護研究会が大切にしている「学び」!

九州CKD看護研究会は、慢性腎臓病(CKD)の全領域である保存期、血液透析、腹膜透析、腎移植の療養生活支援における看護の実践力を高めることを目指して設立した研究会です。
この研究会は、日本腎不全看護学会のDLN(日本腎不全看護学会認定の慢性腎臓病療養看護師)主催による、九州・沖縄地区教育セミナーとして位置付けています。
プログラムは、事例報告や事例検討、ポスター発表、交流集会、ワークショップ、シンポジウムなど企画も多岐に渡っています。
九州CKD看護研究会は、日本腎不全看護学会の九州のDLNが中心となって運営していますが、研究会開催には、近隣の施設で慢性腎臓病の看護に携わる多くの看護者がボランティアとして協力し支援しています。

患者さんや家族の皆さんも参加して、病い体験を語る・聴く場も設けています。
また、多くの企業の協賛も得て、展示やセミナーも開催しています。
九州CKD看護研究会は、慢性腎臓病看護の貴重な学びの場です。交流の場を通して、一緒に学びましょう!

研究会の活動

ブログ記事一覧

お知らせ

お礼
事前申込みの締切日について
百年講堂へのアクセス
各セミナー 案内ちらし
第1回 九州CKD看護研究会プログラム

お知らせ一覧